扶養控除について調べました。扶養控除のことはお気軽にご相談ください(^_-)-☆

"扶養控除" タグが付いた記事一覧

扶養控除の将来

扶養控除は、1950年に導入された、課税所得を減らして税負担を軽くする仕組みです。
約60年経過した現在では、単なる減税効果より以上の効果が扶養控除に期待されるのは無理も無いことでしょう。
今後の扶養控除制度に最も期待さ [...]

扶養控除とニート

扶養控除という制度の問題点として、ニートの存在が挙げられています。
自分の意思で学校教育を受けず、働かず職業訓練も受けない「ニート」が増えていると言われています。
政府税調はニートの若者や成人を、乳幼児や児童、老人や障害 [...]

扶養控除と勤労学生控除

学生がアルバイトなどで得た収入に対する所得控除に、「勤労学生控除」というものがあります。
これは通常の基礎控除額65万円にプラスして27万円を上乗せするものです。
これは「扶養控除」や「配偶者控除」などとは違い、世帯で主 [...]

子供の扶養控除

共稼ぎの夫婦に子供が生まれた場合、その子供はお父さん、お母さんどちらの扶養控除対象となるのでしょうか。
普通に考えると「お父さん」と思われがちですが、実は収入の多い方の親の扶養控除対象に入れるのが一般的なようです。
実際 [...]

扶養控除と配偶者控除

納税者に所得税法上の扶養控除の対象となる配偶者がいる場合には、一定の金額の所得控除が受けられます。
これを配偶者控除といいます。
配偶者控除の対象となる配偶者とは、その年の12月31日の現況で次の四つの要件のすべてに当て [...]

扶養控除と控除対象者の一時所得

扶養控除や配偶者控除は、対象となる人のその年の合計所得金額が38万円以下である場合に受けることができます。
その年の合計所得金額とは、給与所得や不動産所得、株式の売却益など複数の所得がある場合、すべての所得を合計した金額 [...]

扶養控除と控除対象者の所得

扶養控除や配偶者控除は、対象となる人のその年の合計所得金額が38万円以下である場合に受けることができます。
その年の合計所得金額とは、給与所得の場合、年金収入の場合、不動産や株式の売却による一時的な収入の場合などがありま [...]

扶養控除の申告と世帯状況

サラリーマンの場合、家族を税務上の扶養親族とするには、
「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」に、控除対象配偶者や扶養親族に該当する人の氏名、続柄、生年月日等必要事項を記載して、会社に提出しなければなりません。
しかし [...]

扶養控除の金額

扶養控除で控除できる金額は、扶養親族の年齢や特別障害者に該当するかによって次のように変わってきます。
(1)一般の扶養親族の扶養控除金額(A)同居特別障害者である人=73万円。(B)同居特別障害者でない人=38万円。
( [...]

扶養控除とは

扶養控除という制度はよく耳にします。
しかし、税金のプロで無い限り、
扶養控除によって具体的に「誰がいくら税金を免除されるのか」ということを正確に答えられる人は少ないのではないでしょうか。
扶養控除は納税単身者以外 [...]